唐木仏壇(台付)

黒檀や紫檀といった輸入銘木や国産の欅や桑などを使用し、木目を活かして作られる、昔ながらのお仏壇を唐木仏壇といいます。
木材に銘木の木目を印刷した”~調”といわれる安価なものから、東京・大阪・徳島に代表される伝統工芸品としての唐木仏壇まで様々な種類がございます。
こちらの台付タイプは和室の畳の上、床の間などにご安置されるのが一般的です。

このタイプの商品一覧はこちら
唐木仏壇(台付)の特徴

唐木仏壇(台付)の特徴

  • 黒檀・紫檀・欅など銘木を使用して造られるものが多い!
  • 上置きタイプと比べ、豪華な内陣のものが多く、扉もほとんど2重扉
  • 正座しておまいりしやすいよう御膳の位置も低く、内陣もゆったり!

唐木仏壇(台付)を選ぶポイント!

お部屋の雰囲気に合うような色合いのお仏壇を選びましょう

設置する家具の色合いに合わせたお仏壇を選びましょう

唐木仏壇は木材の色をそのままに出すのが特徴の仏壇のため、使用している木材によって、色合いの種類も豊富です。
選ぶ際はまず、お部屋の雰囲気とマッチしたものを探しましょう。

⇒唐木仏壇の材質の説明を詳しく見る

細かい彫細工などはこまめにお掃除を!お手入れ簡単な作りのものもあります

唐木仏壇には、欄間彫刻が施されているものなど、各所に彫刻が施されている商品から、シンプルな形のお仏壇まであります。
これらはデザイン的な演出のほかに、お手入れの簡単さ・むずかしさにも関係があります。
細かい彫物が施されているお仏壇は隙間にほこりがたまりやすく、また、適切な方法でお手入れをしないと壊してしまう恐れもあります。
一方でシンプルなお仏壇はさっと拭き取ることができ、お手入れも簡単です。
皆様のライフスタイルに応じてお好みのタイプをお選びください。

設置する家具の色合いに合わせたおっ仏壇を選びましょう

設置場所では、扉を開いた状態できっちり収まるかを確認!

お仏壇の入れ場所など決められたスペースがある場合、そのお仏壇を設置することができるかどうかももちろんですが、納めた時に”扉が開くか”などきちんと採寸しましょう。
扉にもよりますが、扉を開くには、左右それぞれ10cmほどの余裕が必要となります。

設置する家具の色合いに合わせたお仏壇を選びましょう

唐木仏壇(台付)を購入したお客様の声

画像準備中

36 桜色 新桜

丁度部屋にも合ってよかったです。
評価:
4
M.O様(東京都)
画像準備中

50-18 黒檀水蓮

納得がいくものが見つかるまで丁寧に対応していただけました。
評価:
5
S様(茨城県)

唐木仏壇(台付)タイプの商品紹介

三善堂の店舗にて取扱いのある商品の一例です。
店頭には、このほかにも多数の商品がございますので、ぜひ一度店舗にて実物をご覧になってください。

※掲載されている商品が売切の場合もございます。詳しくは店舗までお問い合わせください。

お仏壇選びに関する、よくあるご質問