金仏壇の商品紹介

当店取扱いの唐木仏壇は宗派による制限に関係なくお選びいただける『八宗兼用』のお仏壇です。
ご安置される本尊や飾り付けの仏具により、各宗派に対応させることができますので、詳しくはご購入の際、販売員までお申し付けください。
また、浄土真宗を信仰されている方は浄土真宗の象徴でもある金仏壇をお求めの方が多いと思います。
こちらの場合、各宗派により仏壇の作り(本尊を安置する須弥壇上の宮殿の形、それぞれの派別の本山の本堂の形を模しています。)が異なりますので、詳しくはご購入の際には店頭にて確認してみてください。

  • 西本願寺の阿弥陀堂を模した造り(上図)

    西本願寺の阿弥陀堂を模した造り(上図)

    宮殿:
    一重破風屋根
    外柱:
    金箔張りの柱
  • 東本願寺の阿弥陀堂(黒柱)・太師堂(屋根)

    東本願寺の阿弥陀堂(黒柱)・太師堂(屋根)

    宮殿:
    二重瓦屋根
    高欄:
    朱塗り
    擬宝珠:
    金箔張り
    外柱:
    黒塗りの柱

宗派による仏具の違い

仏壇での宗派による違いは、上記のとおり浄土真宗での違いがほとんどですが、仏具・ご本尊は各宗派により大きく異なります。各宗派に合わせた仏具・本尊を下記よりお探しください。

  • 真言宗
  • 天台宗
  • 浄土宗
  • 浄土真宗 西
  • 浄土真宗 東
  • 曹洞宗
  • 臨済宗
  • 日蓮宗

金仏壇タイプの商品紹介

三善堂の店舗にて取扱いのある商品の一例です。
店頭には、このほかにも多数の商品がございますので、ぜひ一度店舗にて実物をご覧になってください。

※掲載されている商品が売切の場合もございます。詳しくは店舗までお問い合わせください。

お仏壇選びに関する、よくあるご質問