金仏壇の品質表示について

金仏壇とは全体が黒塗りで、内部に金箔が貼られているお仏壇です。見た目のインパクトが強いこのお仏壇、黒く塗られていると漆塗り、金色に輝いていると金箔をはりつけたものと思いがちですが、黒塗りの塗装方法や金箔・金粉の種類も様々です。
品質表示カードでは、これらを項目別に表示しています。
それぞれの違いをご確認ください。

金仏壇の品質表示について

金仏壇の品質表示項目の説明

表面材

金仏壇は、表面を黒塗りにするのが一般的。
そのため、評価は表面の仕上げをどのように行ったかがポイントになります。
また、仕上げによって美しさのほか、傷などへの耐久力にも違いが出てきます。

表面材
漆仕上げ 漆を塗って仕上げたもの(相当量の漆を配合した塗料を用いたものに限る)
カシュー仕上げ・(植物性)合成漆 カシューかく油等を樹脂化した塗料で仕上げたもの
ウレタン仕上げ ポリウレタン樹脂塗料で仕上げたもの
セルロースラッカー仕上げ セルロースラッカー塗料で仕上げたもの
ポリエステル仕上げ ポリエステル樹脂塗料で仕上げたもの
オイル仕上げ 油性塗料を含浸させて仕上げたもの
現在、金仏壇全体を本漆で仕上げると大変手間がかかり、大変高価なものとなってしまいます。そのため金仏壇は、仕上げの美しさは変わらず扱いやすく、お手入れもしやすいカシュー仕上げなどを施したものが一般的です。用途に合わせてお選びください。

主な金箔粉等

金仏壇の特徴、金箔粉に使用されている金の種類を表示しています。

(本)金粉 純度94%以上の金粉を使用したもの
(本)金箔 純度94%以上の金箔を使用したもの
金属箔(粉) 真鍮などの金属を使用したもの
金色塗料 金色の合成塗料を使用したもの
天然木材は材料費、加工までの手間・扱いの難しさから当然高価であり、仏壇の付加価値を高めます。
一方で木質繊維板(MDFなど)も技術の進歩から狂いが生じることも少なく、価格も比較的安価なことから、近年ではお仏壇に用いられることが多くなっています。

原産国

金仏壇の製造工程『木地』『宮殿』『彫刻』『錺金具』『蒔絵』『塗り』『金箔押し』『組立・仕上げ』の8工程のうち、『木地』『塗り』『金箔押し』『組立・仕上げ』の4工程を日本で行い、『宮殿』『彫刻』『錺金具』『蒔絵』のうち1工程以上を日本で行った製品のみが『国産』または『日本』の表示となります。

製造工程と表示
三善堂がおすすめする金仏壇を見る
お仏壇選びに関する、よくあるご質問