お盆・お彼岸の豆知識

お盆・お彼岸の豆知識

お盆供養の流れ

『お盆』は私たち日本人の大切な行事のひとつです。 ここではお盆の迎え方についてご紹介します。                  

新盆の供養について

四十九日の忌明け後にはじめて迎える故人の最初のお盆を”新盆”といいます。 新盆(または初盆)の法要は特にていねいに行われています。 遺族の方は喪服を着用しましょう。 亡くなって四十九日たたないうちにお盆を迎えた場合は、そ

お盆に踊る”盆踊り”の由来

昔から七月十五日の夜には、この世に帰ってきた先祖の霊を迎え、慰め、感謝の気持ちを表すために歌い踊ったといわれています。 一説には、目連が餓鬼道に堕ちた母親を救ったとき、仏弟子たちが喜んで踊ったのが始まりといわれています。

お参りするお墓がなくても心を向けて・・・

昔からお彼岸には、自分の家の御墓だけでなく、親類・縁者・知人などの家の御墓にお参りする習慣があります。 お墓がないからお墓参りなんて・・・などとおっしゃらないで、平素ご無沙汰しているお世話になった方のお墓、亡き恩師のお墓

お彼岸の夕日には功徳があるとういのは本当?

春分、秋分の日はご存じのように、昼と夜の長さが同じになり、太陽は真西へと沈みます。 この日を挟んで前後1週間が『お彼岸』と呼ばれています。 だから『お彼岸』の夕日(真西へと太陽が沈むお彼岸の中日の夕日)には功徳があり、そ

お彼岸にはお墓参りに行きましょう

春分の日・秋分の日を中日とした前後3日ずつを合わせた一週間を『お彼岸』と言います。 お彼岸には家族揃ってお墓参りに行く、というご家庭も多いのではないでしょうか? 特に、春のお彼岸は4月からはじまる新生活への”不安”や”期

お彼岸とは

『暑さ寒さも彼岸まで』ともいわれる、一年で最もよい季節にお彼岸はあります。 三月の”春分の日”と九月の”秋分の日”を中日とし、その前後三日ずつを合わせた一週間を”彼岸”と言います。     &nbsp