お盆・お彼岸の豆知識

お彼岸の夕日には功徳があるとういのは本当?

お彼岸の夕日春分、秋分の日はご存じのように、昼と夜の長さが同じになり、太陽は真西へと沈みます。

この日を挟んで前後1週間が『お彼岸』と呼ばれています。

だから『お彼岸』の夕日(真西へと太陽が沈むお彼岸の中日の夕日)には功徳があり、その彼方には極楽浄土があるといわれています。

お彼岸の中日にはご先祖様の御供養とともに、ご自身の浄土への願いも込めて、ご家族揃って西日の沈む彼方に向かい、胸の中で念仏を唱えてみてはいかがでしょうか?

夕日の向こうに、極楽浄土があることを心に描いて。