仏教に関する豆知識

曹洞宗の主な年中行事

曹洞宗の主な年中行事曹洞宗の主な年中行事です。

※行事の日程・詳細は曹洞宗公式サイト『曹洞禅ネット』にてご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

●高祖降誕会(1月26日)

高祖道元禅師のお誕生をお祝いします。

 

●釈迦涅槃会(2月15日)

お釈迦さまが入寂されたことを悼み、仏教徒としての生活にいそしむことを確かめます。

 

●春季彼岸会(春分の日を中心に一週間)

そのお寺の御開山、歴代住職、檀信徒の霊をおなぐさめする法要を行い

説教法話などを受けます。

 

●釈尊降誕会(4月8日)

お釈迦さまのお誕生をお祝いします。

 

●結制安居<夏安居>(4月15日~7月15日)

約90日間、制中といい、他出を禁じ、僧堂にこもって坐禅の修行に専念します。

 

●授戒会(大本山永平寺では4月23日~28日、大本山総持寺では4月10日~16日)

檀信徒が戒師より戒を授けられて、仏教徒としての自覚を新たにする儀式。

檀信徒は大本山で僧侶と生活をともにし、貫主禅師をはじめとする諸高僧から直接の特別指導を受けます。

 

●眼蔵会(大本山永平寺6月1日~21日)

曹洞宗の宗典『正法眼蔵』を高徳の師家を招いて、その提唱をお聞きします。

 

●伝光会(大本山総持寺6月16日~20日)

瑩山禅師の語録、曹洞宗の宗典『伝光録』を、総持寺の後堂および学者・師家を招いて、その提唱、講義をお聞きします。

 

●盂蘭盆会(7月15日。あるいは8月15日)

祖先の霊を迎えて供養します。

 

●秋季彼岸会(秋分の日を中心に一週間)

 

●両祖忌(9月29日)

高祖道元禅師、太祖瑩山禅師の命日にちなみ、両祖大師がお亡くなりになったことを悼み、御恩に報い、一層の精進を誓います。

 

●達磨忌(10月5日)

中国禅門の初祖、達磨大師がお亡くなりになったことを悼みます。

 

●結制安居<冬安居>(10月15日~1月15日)

 

●太祖降誕会(11月21日)

太祖瑩山禅師のお誕生をお祝いします。

 

●釈尊成道会(12月8日)

お釈迦さまが悟りを開かれたことをお祝いし、仏教徒としての自覚を確かめます。

 

●摂心会(12月1日~8日)

釈尊の12月8日の成道を記念して、ほとんど睡眠をとらないで坐禅を修行します。これを臘八摂心と呼んでいます。