法事・法要の豆知識

お香典の出し方

お香典は”香料”という意味です。

 

御香典

香典とは、仏の霊に手向けるお香料という意味です。

昔は各自が香を持って行って、それを焚いて供える、仏様に対する六種供養の一種でした。

※六趣供養とは、華(花)・塗香(香を供える)・焼香(香を焚く)・灯明・水・飲食のことです。

今日では香そのものを持参することがなくなりましたが、代わりにお香料という形で現金を包むようになりました。

 

 

 

弔事用は重なることを避け、”一枚”で包みましょう。

 

香典袋の折り方香典の包み方には一定の決まりがあります。

折り方は二枚重ねの慶事用と違って、香典用は『重ねる』ということを避けるため、一枚紙を使って包みます。(右図参照)

まず、お札を紙の中央に置き、左右を折ります。このとき向かって右⇒左の順におります。

つまり左が表になるようにします。

次に下を先に折って上の折りをその上にかぶせます。

※左右と上下の折りが慶事用と異なりますので注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表書きの下に名刺を貼っても構いません。

 

表書きの下には、小さ目の字で自分の氏名を書きます。

これらの文字は哀悼の気持ちをあらわすために薄墨で書くのが正式とされています。

しかし、かわりに名刺を貼っても構いません。その場合は表書きの左下に貼るようにします。

 

 

住所・氏名・金額を忘れずに書きましょう。

 

市販の香典袋に記名するときは、遺族の方と親しい間柄であっても、必ずフルネームを書きます。

『鈴木』『山田』だけではわからなくなってしまうことがあるからです。

また、住所を記入することを遠慮する人がいますが、これも遺族や関係者が整理するときに困ることになりますので、記入しておくのが遺族に対するエチケットです。

金額は内袋の表中央に漢数字で書きます。あらかじめ書く欄が印刷されている場合はそこに書きます。

 

 

哀悼の気持ちをこめてお香典を郵送します。

 

艶・告別式ともに出向けない場合は『現金書留』にて香典を郵送します。

その場合は、現金を弔事用の金包みに入れてからにします。

その際、必ず出向けない理由と故人を偲ぶ旨の手紙をそえるようにします。

電報為替で香典を送ったり、銀行に振り込むようなやり方は、香典の趣旨にそぐわないのでしないようにしましょう。

 

 

※地方の風習・週刊により作法が異なる場合がございます。必ずご確認ください。