仏教に関する豆知識

仏教の教え~四諦八正道~

仏教の教え~四諦八正道~四諦八正道

 

四諦とは、4つの”明らかな真理”を意味し、

 

●苦 諦・・・人生は苦であるという真理

●集 諦・・・苦の原因という真理

●滅 諦・・・苦の滅という真理

●道 諦・・・苦の滅を実現する道という真理⇒八正道

 

の4つの心理から成り立ちます。

 

 

そして、釈迦は”苦”を滅する方法として、八つの正しい道を説きました。

これが、正見・正思・正語・正行・正命・正精進・正念・正定の八正道です。

すべてに”正”という文字が含まれますが、この場合の”正しい”というのは「真理に合った・調和のとれた」という考え方・見方・行動を示しており、自分本位ではなく、大きな立場から物事を判断しなさいという教えになっています。

 

●正 見・・・自己中心的な見方ではなく、中道の見方をすること。

●正 思・・・真理に照らし合わせ物事を考えること。

●正 語・・・真理にあった言葉を使うこと。

●正 行・・・仏の戒めにかなった行いをすること。

●正 命・・・正しい職業で得たお金で生活すること。

●正精進・・・自分に与えられた使命や目的に対して正しく励むこと。

●正 念・・・真理に向いた正しい心を持つこと。

●正 定・・・真理に照らし、正しい状態で心を定めること。

 

 

四諦八正道は釈迦が人生の苦について説いた、苦の乗り越え方を説いたものです。