ごあいさつ

「人の心善なり、人の行い又善なり、善は善をもって善と為す。」
この言葉から私ども『三善堂』が生まれました。
私たちの意識や行動を支配し、幸福や不幸を決めるのは【心】だといいます。「善い考えを持ち善い行いを積み重ねれば幸福になり、悪い考えを持ち悪い行いをすれば不幸になりますよ。」と御仏は仰っておられます。

「人は皆、善心に生まれるもので、何時も善いことを願い、善い行いをするならば、必ずしや善い結果をもたらす」

と言う想いを込めた屋号です。

代表取締役社長 諸田 邦義

人を始めもろもろの生物は自然の中に生きています。
此の地球には空気が有り、水が有り、そして大地の恵みと言う自然が有ります。
どれ一つ欠けても生きて行く事はできません。私達は、他の生命の代償によって生かされております。
自分の生命を助けてくれた萬物を思いやるのは当たり前の心だと思います。
私たちは“自然”と言う不思議な営みの世界に助けられて先祖の代から生きて来ました。
私たちはその事に気づかねばなりません。

『報恩のこころを以ってみほとけを祀り、手を合わせ、こころを平らにする。』
『ご先祖に手を合わせ語り合い供養する。』


その時、こころは思いやり、優しさ、愛に溢れるでしょう。

自分のこころと素直に向き合う事が出来て、みほとけやご先祖が見守ってくれている場所、歩むべき善い道を示唆してくれる場所ー
お仏壇をお祀りしお守りすると言う事は、自然という不思議に生きる自分が、萬物に対し感謝のこころを磨き、みほとけやご先祖に導かれ平和な心を得る事にあります。
みほとけやご先祖との空間、その大事なお仏壇作りに私ども三善堂は78年の間、精進してまいりました。

私どもは、お仏壇を製造し且つお客様のお手元へお届けする仕事を与えられた事に多くの喜びを感じ且つ感謝をしております。

『 心はかたちを求め かたちは心をすゝめる 』

心(想い、気持ち、願い)かたち(礼法、作法、行為)
三善堂の標語です。


昔から、人々はお仏壇を祀り、手を合わせてきました。
三善堂は皆様の祭る心と祈る思いを大切にしたお仏壇作りをしています。
そして「不易流行」を常に意識しながら、時代に要求される新しい試みのお仏壇開発にも積極的に取り組んでいます。
是非、お仏壇に向かいあった時の心の平穏を感じ取って頂きたいと念じております。

株式会社 三善堂
代表取締役社長 諸田 邦義

お仏壇選びに関する、よくあるご質問